古い車、多走行車、事故車、水没車を売るにはどの一括査定が有利か?

古くなってキズだらけでボロボロの車、20万キロ、30万キロ走行の車、事故で大破した車、水没車など、国内では中古車として見向きもされないような車でも、海外では日本で考えられないような値段で取引されているといいます。

需要がなくなってしまった車、不人気車など国内なら廃車処分しかないような車でも、活発に輸出が行われています。

海外では、走行にさえ支障がなければ古かろうが傷があろうが関係ないのです。

中途半端に古いよりは、再塗装が必要なほど古い方が塗装が新しくなっていいというような国もあるくらいです。

ですから、古い車、多走行車、事故車、水没車などを査定・売却する場合は、

輸出専門業者など海外向けのルートを持つ業者が参加している一括査定を選ぶのがコツです。

具体的には、参加業者数が多いズバット車買取比較、カーセンサー簡単ネット車査定、カービューといったところになります。

中でもおススメはカービューの一括査定です。

参加業者数が600社にもなるカービューの一括査定は、輸出を行っている業者の参加も多く、海外向けの車の査定・買取が得意な業者が最も多いといえます。

カービューには事故車専門の買取査定サイトもあるくらいです。

廃車処分しかないように見える車でも、カービューの一括査定なら査定額が付く可能性が大きいです。

スクラップにする前にぜひカービューの一括査定をお試しください。

  ⇒ カービューの詳細ページ

-----気になる話--------------------------------------------------------------------------

車を査定してもらう時に洗車をする派としない派とがあるようです。
「しない派」の方の理屈は合理的に見えるのですが、やはり世の中合理性だけで回っているのではないと思えます。

査定前の洗車・清掃は愛車への感謝の気持ちの表れにもなると思うのです。
査定士の印象上もずっと有利だと思いますよ。

このページの先頭へ